2021年9月「ホテルニューオータニ東京 エグゼクティブハウス禅」宿泊記(フードプレゼンテーション④)~チェックアウト後も利用できるラウンジでランチを

宿泊記

ホテルニューオータニ東京「エグゼクティブハウス禅」のチェックアウト時刻は12時。早朝ゴールデンスパで汗を流した後、朝食、ローズガーデンの散策、その後チェックアウト時刻までは部屋でのんびり過ごしました。

ラウンジでチェックアウトの手続き。スタッフに勧められて、ランチの時間帯もラウンジを利用させてもらいました。ランチタイムにもフードプレゼンテーションがあります。

 7:00~10:00 朝食
10:00~12:00 モーニングスナック
12:00~14:00 ランチ ← 本日の記事はこちらの時間帯
14:30~16:30 アフタヌーンティー
17:30~20:00 オードブル
20:00~21:30 ナイトキャップ & チョコレート

朝食、モーニングスナック、ランチと連続してフードプレゼンテーションが行われ、少しずつメニューが入れ替わっていきます。

ランチタイムは、朝食の続きでサラダ、スープ、ピエールエルメのクロワッサンがあり、そこにサンドイッチやいなり寿司、太巻きが加わり、そして、アフタヌーンティの時間にも用意されているマフィンやスコーン、干菓子などのサービスも始まります。

この時間帯しかいただけないものは、太陽卵のサンドイッチといなり寿司でしょうか。

スポンサーリンク

ラウンジ-ランチタイム

この時間帯、チェックアウトのお客さんが集中、連泊のお客さんもラウンジを使っておられるので、ラウンジ内が大変込みあっていました。ビュッフェ台のお料理の写真は撮影できず、テーブルの上の写真だけです。

妻は、モーニングタイムのフルーツがまだ残っていたので、少しだけいただきました。何よりもメロンが美味しく、名残惜しい気持ちになります。

太巻きといなり寿司、サンドイッチ、干菓子をいただいてきました。赤酢の太巻きと稲荷寿司は上品なお味。

サンドイッチとマフィンとサラダを少し。

ブイヨンスープもあり、ランチらしいお食事が楽しめます。

夫は、フルーツとドッグパン、スコーンでランチ。

クロテッドクリームもあり、スコーンが美味しく楽しめます。

最後のデザートで妻は、抹茶黒豆のパウンドケーキ。

夫はバナナマフィンでランチを終えました。

この眺めを楽しむのも、これで最後。チェックアウト後までラウンジのサービスを満喫させてもらいました。

アフタヌーンティからランチまで1日6回のフードプレゼンテーションは、相変わらずのクオリティ。ラウンジに居ながらホテル自慢のお料理がいただけるのはとても良く、終日のんびりくつろがせてもらいました。

この年末年始も海外旅行はまだまだ難しい状況。もう1年ほどはお預けが続きそう、引き続き国内旅行でホテルライフを楽しみたいと思っています。


2021年9月滞在時の室内やフードプレゼンテーションの様子は、「エグゼクティブハウス禅」の宿泊記として別記事で紹介しています。

コメント