2021年9月「ホテルニューオータニ東京 エグゼクティブハウス禅」宿泊記(室内)~短い夏休みに国内ステイ

宿泊記

2020年に実施されたGo To トラベルキャンペーンでは、わが家は近場の「エグゼクティブハウス禅」に宿泊、あまりに快適でまた泊まりたい!と、今年の夏休みにもう一度宿泊してきました。

「エグゼクティブハウス禅」は全室がエグゼクティブフロアというだけあって手厚いサービス、昨年に引き続き、今年もとてもくつろぐことができました。

本日からのブログでは、2021年9月に宿泊した時の様子を紹介します。

スポンサーリンク

チェックイン手続き

「エグゼクティブハウス禅」の利用者は、ホテル2階にあるフロントではなく、本館11階にある専用のエグゼクティブラウンジ「ZEN LOUNGE」でチェックイン手続きを行います。チェックイン開始時間に直接ラウンジに出向きました。

チェックインは、ラウンジ内のソファに座って行います。着席すると、飴湯とおしぼりが供され、手続きが進められました。

滞在者向けのサービスの案内等があり、朝食券とルームキーをもらってアサインされたお部屋へ。

「エグゼクティブハウス禅」のフロアは、セキュリティ対策が施されています。エレベータから降りると、自動ドアがあり、ルームキーがないとフロア立ち入ることができないようになっています。

自動ドアの脇にあるセンサーにルームキーをかざしてフロアに入ります。

スポンサーリンク

デラックスツイン室内

チェックイン手続きを終えると、そのままお部屋へ案内されました。前回は日本庭園ビュー、今回は反対側の新宿副都心ビューの部屋がアサインされていました。

室内

客室の扉を開けると、全面が窓、横長で窓が多くとられたお部屋でした。

手前に迎賓館の緑、遠くには新宿のビル群が眺められるお部屋です。

今回はダブルベット、キングサイズの大きなベットが用意されていました。

反対側がソファスペースとバスルームという構造、ホテルの部屋割りは縦長のことが多いので、意外なフロアプランでした。

ソファはひとり掛けのもの、オットマンも付いているので、のんびりくつろげそうです。

入口の扉近くには全身が映る鏡があり、細かいところに行き届いていると思いました。

室内アメニティ

サイドテーブルの上には、ホテルサービス案内のタブレット、部屋の電気などのコントロールパネルなど。タブレットでは館内の案内などが照会できるのですが、滞在中あまり利用しませんでした。

室内着は、浴衣とパジャマの2種類。パジャマは上下に分かれているもので、肌触りがよいお品。浴衣よりもパジャマの方が着心地がよく、深く眠れるので、うれしいサービスです。

ベットサイドには、ミネラルウォーターとお菓子。添えられていたお菓子は、ニューオータニオリジナルのチョコレートケーキ、とても濃厚なお味で夫婦ともに好きなもの。

丸テーブルの上には、お茶セットやお茶菓子、ホテル案内、そして新型コロナ感染防止のためのお品が用意されています。

支配人の方のメッセージカードもあり、おもてなしの心が感じられます。

黒いケースはマスク入れ、中には替えのマスクが入っていて、至れり尽くせり。

テーブルの上のお茶菓子は、ニューオータニのバームクーヘン。ベットサイドにはチョコレートケーキがありましたので2種類の用意。いずれも美味しいものなので、うれしい限り。

お茶セットはとてもスタイリッシュ。

中身は煎茶、ほうじ茶、紅茶。お部屋でくつろぎながら飲み物がいただけるのですが、ラウンジが心地よいので、滞在中はラウンジでお茶をいただいていました。

ウエットバー

部屋の片隅にはウエットバーが備え付けられていました。

下の扉を開けると、冷蔵庫と食器類。冷蔵庫にはシャンパンが入っていました。

緊急事態宣言中でラウンジでの酒類の提供ができないため、各部屋に1本ずつシャンパンが用意されており、自由に飲めるようになっていました。

左側にはルームバーがあったはずですが・・・空。

コーヒー、紅茶用のセットだけが用意されている状態でした。

その他、ネスプレッソメーカーもあり、コーヒーはこちらで。

味わいが異なる3種類のもの。こちらも残念ながらいただきませんでした。

クローゼット

クローセットは大きめサイズ、の中には、セーフティボックス、スリッパ、傘、紙袋などが用意がありました。スリッパは禅専用のもの、とても履き心地の良いお品でした。

バスルーム

バスルームはとても機能的に作られていました。トイレ、バス、シャワーが1か所にまとめられています。

シャワールームは独立ではなく、バスタブと共用。シャワーカーテンではなくガラスで仕切る形式でした。

アメニティはサルバトーレ・フェラガモの「タスカン・ソウル」。シャンプー、コンディショナーなどがありました。

その他のアメニティは包まれた中に。

男女それぞれ用の化粧品、歯ブラシ、ヘアブラシ、かみそり、コットンなどが揃っており、不自由はありませんでした。

 

スポンサーリンク

宿泊料ほか

今回の滞在は、ニューオータニクラブ会員用の割引プランを利用しました。昨年はGo Toキャンペーンの特典で補助が受けられましたが今年はありませんでしたので、5.5万円ほどでした。

部屋からは夕焼けがきれいに見えました。

この時間帯は羽田に向かう航空機が都内上空を飛行する時間帯、ひとしきり飛行機を眺めながらまったりしていました。

フライトレーダーを使うと、飛行している飛行機の便名や行先、飛行状況を見ることができます。このアプリと一緒に空を眺められるのは至福の時間でもありました。


前回、2020年11月の宿泊記は以前のブログ記事をご覧ください。

2021年9月滞在時の室内やフードプレゼンテーションの様子は、「エグゼクティブハウス禅」の宿泊記として別記事で紹介しています。

コメント