2021年9月「ホテルニューオータニ東京 エグゼクティブハウス禅」宿泊記(フードプレゼンテーション③)~新宿高層ビル群を眺めながら「寛ぎの朝食」

宿泊記

2021年9月に宿泊したホテルニューオータニ東京「エグゼクティブハウス禅」、宿泊者が利用できる専用ラウンジ「ZEN LOUNGE」のフードプレゼンテーションを紹介しています。

 7:00~10:00 朝食 ← 本日の記事はこちらの時間帯
10:00~12:00 モーニングスナック
12:00~14:00 ランチ
14:30~16:30 アフタヌーンティー
17:30~20:00 オードブル
20:00~21:30 ナイトキャップ & チョコレート

「エグゼクティブハウス禅」の宿泊客は、「ZEN LOUNGE」で朝食をいただけるほか、館内のレストラン、ルームサービスでの朝食をいただくこともできます。館内のレストランで朝食をいただく場合には、チェックイン時にいただいたこの「ご朝食券」を使います。

「ZEN LOUNGE」の朝食は、通常時は7時から朝食サービスが始まりますが、コロナ禍の変則運営中で開始時間は8時から。そのため、朝食前にゴールデンスパで軽くトレーニングをして8時半過ぎに「ZEN LOUNGE」で朝食をいただきました。

昨年の滞在時は、連休期間中で大変混み合っていましたが、今年はさほどでもなく、ゆったりと朝食をいただけました。

スポンサーリンク

ラウンジ-朝食タイム

朝食サービスが始まってからラウンジへ行ってみたものの、まだお客さんは少なくとても静かでした。

ソファ席でくつろぎながら朝食というのもよいのですが、お食事はテーブルの方が食べやすいので、朝食も窓際のテーブル席に座りました。

昨晩のカクテルタイムと同じテーブルにしました。なんとなく、落ち着く場所があるような気がして、空いている場合には同じテーブルを選んでしまいます。

QRコードのメニューを見ると、

「ZEN LOUNGE」の朝食でも、洋食、和食と用意がありますので、ラウンジだからといって選択肢が少なくなることはありません。

スポンサーリンク

ブッフェコーナー

ラウンジ一番奥のエリアに朝食のお料理が並んでいます。左側の窓側に洋食、右側に和食が用意されています。すでにお客さんがいらっしゃる時間帯でしたので、撮影できた部分はわずかです。

コールドミール

ヨーグルトは、自家製と機能性ヨーグルト「R-1」の2種類、ハム3種類とナッツ類。

サラダバーの野菜は、こだわりの農場からのもの。

フルーツは、メロン、パイナップル、キウイ、ドラゴンフルーツ、ぶどう、柿と和洋のものがあり種類豊富。

この他、昨晩のオードブルの時と同じチーズ4種類が揃っていました。

スポンサーリンク

パン、シリアル

ラウンジの朝食といっても、パンは種類豊富。食パン系だけで5種類、それぞれ特徴のあるパンです。

デニッシュ類は3種類。

そしてピエールエルメのクロワッサンも健在、朝食にいただけるのはうれしいもの。

バターはエシレ、美味しいパンに美味しいバターと期待通りです。

ジャムも昨晩のオードブルの時と同じ「HERO」ブランドのもの。

ラッセルホブスのトースター、リベイクするのも楽しみ。

「ピエールエルメ」ブランドのグラノーラ、「林檎の果密」アップルシロップの用意も昨年同様です。

この他、和食のエリアがあり、玉子焼き、味噌汁、ご飯、ご飯の友(しらす、焼鮭、昆布など)の用意がありました。

スポンサーリンク

いただいた朝食

夫はハムとチーズを中心に。

妻はサラダ中心にいただきました。

特に美味しいと思うのはこのスープ。シンプルなブイヨンスープ、パンと一緒にこれだけでも充分満足できるお味です。

卵料理は、このエッグスラットと出汁巻き玉子。エッグスラットは半熟卵にマッシュポテトの組み合わせでとろりとした半熟の黄身が美味しいもの。

夫はデニッシュを合わせていました。

妻は、新潟コシヒカリのご飯にしらす、鮭を乗せて主食に。写真はありませんが、あご出汁の味噌汁をあわせました。

食後にはフルーツ。キウイは硬めでしたが、その他は食べごろで瑞々しいもの。

妻もフルーツを組み合わせていただきました。

夫は、デザート代わりに甘いデニッシュとパンを。

最後にカフェラテをいただき食事を終えました。

午前中は特に迎賓館の緑が輝いて見えます。高層ビル群と緑を見ながら、ゆったりと朝食。

少数精鋭のクオリティが高いお料理ばかりで、種類が少なくとも充分満足、静かなラウンジでのんびり朝食をいただけるのは「ZEN LOUNGE」ならではのサービスです。

この後、10時からはモーニングスナックの時間帯になりますが、朝食をたくさんいただいたので利用せず、チェックアウトまで時間は、ホテル内のローズガーデンなどを散策して過ごしました。


2021年9月滞在時の室内やフードプレゼンテーションの様子は、「エグゼクティブハウス禅」の宿泊記として別記事で紹介しています。

コメント