パティシェリアでル・ジャルダン・ブルー取扱終了のニュース、最後にスイーツの大人買い~新宿タカシマヤ「パティシェリア」(新宿)

スイーツ・カフェ

高島屋のホームページを見ていると、新宿タカシマヤのスイーツセレクトショップ「パティシェリア」から「ル・ジャルダン・ブルー」の取扱い終了のご案内が出ているのを見つけ、最後にとスイーツの大人買いをしてきました。

「ル・ジャルダン・ブルー」は小田急・京王の永山駅近くにあるパティスリー、新宿タカシマヤのスイーツセレクトショップ「パティシェリア」でもスイーツの取扱いがあり、我が家は新宿タカシマヤを利用していました。

日常のケーキのほか、クリスマスケーキも「ル・ジャルダン・ブルー」のものを予約するなど、スイーツの美味しさに惹かれてちょくちょくいただいていました。

ホワイトデーは「パティシェリア」で「ル・ジャルダンブルー」のスイーツ~高島屋新宿店にあるスイーツのセレクトショップパティシリア
我が家の今年のホワイトデーは、「ル・ジャルダンブルー」のケーキを大人買いしました。もともとは、スタイルズケイクスのタルトにするつもりでしたが、ここのところ土曜日の臨時休業が続き、買える機会がなく、夫婦のもう一つのお気に入り「ル・ジャルダンブ...
世界初のケーキのセレクトショップ「パティシェリア」で「ル・ジャルダンブルー」のフルーツタルトを
最近、タルトといえば「スタイルズケイクス」のタルトが続いていましたが、新宿高島屋に出かけた折、地下食料品売り場の「パティシェリア」を見ると、夫婦がお気に入りの「ル・ジャルダンブルー」のフルーツタルトが残っているのを見つけ、買って帰りました。...
2021年も新宿高島屋限定のル・ジャルダンブルー「モンブランノエル」でクリスマス!
2021年のクリスマスは週末の土曜日、コロナ禍でもあり自宅でクリスマスを過ごした方も多かったのではないかと思います。わが家は10月にクリスマスケーキを予約、自宅でささやかにお祝いしました。 クリスマスケーキの予約が本格化するのは例年1...
新宿高島屋パティシェリアで有名パティシエのモンブラン4種類食べ比べ~ピュイサンス、マ・プリエール、パティスリープラネッツ、ル・ジャルダンブルー
毎年秋は栗やさつまいも、木の実などのスイーツが美味しい季節、今年もたくさんのモンブランをいただきました。 新宿高島屋地下にある「パティシェリア」は、有名パティシエのスイーツを販売する「セレクトショップ」、いつもと違うモンブラン...

高島屋のホームページを見ていたのは偶然のこと、我が家にとって重要な情報を知り、「永山のお店に行くのは難しいので、最後に食べ納めしよう!」と、祝日でお休みだった23日に出かけ、買ってきました。

高島屋のホームページに情報が掲載されてから初めての休日、「名残惜しいお客さんが殺到するかも」と心配して、10時30分の開店時間に伺うと、そのような心配はなく、売場は静か。混み合う時間帯もあるのか、並ぶ位置を指定する看板が立っているだけでした。

朝一番ということもあり、ケーキはすべてそろった状態。「ル・ジャルダン・ブルー」のスイーツも9種類並んでいるのが見えました。タルト、ショートケーキ、ショコラ、モンブランなどいろいろ。

初めて見かけるケーキもあり、少々迷いつつ、お気に入りを探します。

他の場所には、アップルパイとシュークリーム、そして、写真の撮影は失念しましたがホールケーキも2種類あり、様々な種類の中から選べる状態。

夫婦それぞれゆっくり吟味して、2個ずつ、計4個購入することにして、スタッフさんにお願いしました。この後、買い物の予定があったので、ケーキは支払いまで済ませてお取り置きをお願いして、一安心。午後、自宅へお持ち帰りしました。

なお、買い物を終えて1時間後に戻ってみると、先ほどのシュークリームはすべて売り切れ、その他のケーキの売れ行きがよいのかすでに札が下がっているものがあり、人気のほどがうかがえました。朝一番に来店して購入してよかったと胸をなでおろしました。

4個入りの箱です。箱を開ける瞬間が一番の楽しみ♪

購入したのは、モンブラン系2種類、ショコラ、ショートケーキの4種類、いずれも夫婦が好きなスイーツです。

■ フレジェ(454円)

ジェノワーズ生地に生クリームとスライスしたいちごをサンドしたショートケーキ。中のいちごがたっぷり入っているのがうれしいところ。

トップには艶やかないちごです。

しっとりとしたジェノワーズ生地に甘さ控え目の生クリーム、そして甘みがしっかりあるいちごの組み合わせはとても美味しいもの、特にしっとりした生地が美味しく、夫はにんまり。

■ シャルロットマロン(486円)

初めて見るモンブラン、ロールケーキの上にマロンクリームが絞られています。

一番上には大きな渋皮煮とマジパンのリーフ、金粉が華やかです。

土台はロールケーキかなと思っていたのですが、ビスキュイは周囲のみ。底にはクッキー、そして中央には渋皮煮が入ったマロンムース、そして、生クリームを乗せてマロンクリームが絞られていました。ケーキの名前が「シャルロット」でしたので、ロールケーキではなくムースですよね。(名前のことはすっかり失念していました)

全体に洋酒が効いている大人のお味、クッキーのサクサク感、マロンムースのコクと妻の好みのモンブラン。中央が生クリームのみのものが多いですが、マロンムースになっていると、全体で栗が味わえるのがよく、とても気に入りました。

モンブランは切り分けてみないと中の様子が想像つかないもの、思っていたものとは違いましたが、美味しいので全く問題ありません。

■ ガトーショコラ(454円)

夫はチョコレートに惹かれガトーショコラを選びました。

ケーキの上はチョコレートが染みているのが断面からもわかるくらいのチョコレート度合い、下と上で味わいが異なるのに驚くほど。

上には緩めにホイップされた生クリームが乗り、ミルクチョコレートでふんわり包まれています。くちどけのよいミルクチョコレートが美味しく、さらにしっかりチョコレートが染みた生地とチョコレート好きにはたまらないケーキでした。

■ 和みのモンブラン(486円)

昔モンブランと言えば、この黄金色のマロンクリームが乗ったもの、最近は産地いろいろの栗を使って、渋皮付きで茶色いモンブランも多いですが、この色合いは王道です。

こちらも金粉付きの大きな渋皮煮が飾られています。

メレンゲの上にスポンジを重ね、渋皮煮を入れた生クリームの上にたっプリのマロンクリームが絞られています。

こちらは甘めの味わいで、マロンクリームが柔らかめと思ったら、白あんと栗をペーストにしているもの。お子さんでも食べやすいお味のモンブランです。シャルロットモンブランは大人のお味と思ったのと対照的ではありますが、いずれにも魅力があります。

和みのモンブランは、緑茶に合わせていただいたら美味しいだろうなと思うお味でした。


夫婦お気に入りの「ル・ジャルダン・ブルー」の取扱いがなくなってしまうのはさみしい限り。これを味わうには永山まで出かけないといけないかと思うと、少々ハードルが高くなってしまいます。クリスマスケーキの扱いが続くかどうかが気がかりですが、多摩方面に出かける折にはぜひお店に立ち寄ってみたいと思っています。

関連ランキング:ケーキ | 新宿駅新宿三丁目駅代々木駅

コメント