2020年2月ユナイテッド航空ホノルル-シカゴ(HNL-ORD)アメリカ国内線ファーストクラス【搭乗記】機内サービス~国内線でも長距離路線は国際線並みの充実した機内食

機内食・サービス

2020年2月のフィラデルフィア旅行の往路は、ホノルル、シカゴ経由の変則的なルート。

DateDescriptionPQFPQPMiles
22020/2/8United 0902 NRT – HNL11791,969
2020/2/8United 0218 HNL – ORD ← 今回の記事はここ11992,189
2020/2/9UA Express 4563 ORD – PHL132352
2020/2/10United 2409 PHL – ORD180880
2020/2/10United 0881 ORD – NRT17328,052

ホノルルからシカゴまでは搭乗時間が8時間と国際線並の長距離路線。実航マイル数を見ても、日本からホノルルまでよりも長距離ですが、アメリカ国内線の扱い。

国際線ではないのでアップグレードもしやすく、このフライトも早々にアップグレードが確定、いつもの直前までアップグレードが確定せず、当日までのハラハラ感がありませんでした。

国内線ですが、長距離ゆえ、機内食も相応にしっかりしたものが供されますのでアップグレードされたメリットを大いに感じました。

離陸後、水平飛行に移行するとドリンクとナッツのサービスが始まりました。

アーモンド、カシューナッツ、ジャイアントコーンの組み合わせ、ナッツは国際線と同じですが、ナッツが冷たいままだったのが残念。室温ならまだしも、冷蔵されていたのか、器から中身まで冷え冷えしていました(泣)

続いて、サラダ、メインと続きます。

最初はサラダ。この日はスピナッチ&カッテージチーズの組み合わせ、フレンチドレッシングが合いそうなサラダですが、添えられていたのはバルサミコ。いずれにしてもさっぱり感があって美味しい組み合わせです。

メインはテンダーロイン。赤ワインベースの甘めのソースにほろほろの赤身肉、とても食べやすいステーキです。

パンはもっちりした食感のプレッツエル。このパンは美味しいので好きです。

最後にアイスクリームサンデーのデザートまであって、国際線並みの機内食サービス。

ただ、ホイップクリームやチェリー、アーモンドなどのトッピングが選べるサービスはなく、チョコレートソースがかかった状態のものが提供されました。そのあたりはサービス内容に差をつけているのだと思います。

最初の機内食を食べ終えた時点で、まだ全フライト行程の中の1/4位。まだまだフライトが続きます。

妻は疲れていたのか、デザートがあったことも知らないまま眠りについてしまい、夫のアイスクリームの写真を後から見て、デザートサービスがあったことを知りました。

早朝にホノルルに到着、そのまま観光とずっと活動していたので疲れもピーク。この後は夫婦ともにフルフラットにしてぐっすり眠りました。

到着前にはスナックサービス。この日はアメリカらしいベリーのマフィン。

仮に朝食のサービスがあったとしても、最初の機内食のサービスからさほど時間が経っていませんので、食べられる状況ではなく、この程度の内容で充分。

目覚めのミルクティとともにいただき、フィラデルフィアに着陸するのを待ちました。

コメント