2020年1月タイ国際航空シドニー-バンコク(SYD-BKK)ファーストクラス【搭乗記】機内食(チーズ、デザート)

機内食・サービス

2020年1月に搭乗したタイ国際航空ファーストクラスの機内食の様子を紹介します。

前回までのブログでは、最初の機内食、前菜からデザートまでのフルコースメニューのうち、前菜(アミューズ)とメイン(インターナショナルキュイジーヌ、タイ料理)のお料理を紹介しました。今回のブログでは、チーズ、デザートを紹介します。

前回までに紹介した機内食はこちら↓

メインのお料理が食べ終わると、デザ―トの時間、デザートはワゴンサービスで行われます。

フルーツとチーズが乗ったワゴンがやってきました。

乗客一人ひとりの席の脇で、好みを聞きながらチーズやフルーツを盛り付けていきます。

チーズは、ブリーやカマンベールなど4種類、好みのものを切り分けてもらいます。

フルーツは、いちご、パイナップル、メロン、すいか、キウイと色合いのバランスがとれた組み合わせ、とても美味しそうです。

夫は一通りのフルーツとチーズ2種類、ドライフルーツを添えてもらっていました。よく搭乗するユナイテッド航空ではチーズのバリエーションがほぼ固定ですが、異なる航空会社を利用するとチーズのバリエーションが変わり選べる楽しさがあります。

オーストラリア発ということもあり、美味しいチーズだったとのこと。好みでオーダーできるので分量の指定ができるのも◎。(美味しかったら、お代わりもお願いできますし・・・)

妻はこの後のケーキを楽しみにしているので、フルーツだけにしておきました。(そうはいっても、ここまでで、相当量のコース料理をいただいていて、そろそろ限界。)

続いて、デザート。デザートはクランブルとプディングとのこと。どちらも重そうではありましたが、夫婦それぞれ好みのデザートをお願いしました。

ベリーとりんごのクランブルです。小さめのタルト、フィリングはフルーツを煮詰めたもの、表面には香ばしいクランブルが乗っています。

カスタードベースのソースが柔らかい甘さ、フィリングは少し酸味が効いていてバランスが取れています。

美味しかったのと小さめだったので、ペロリと完食。さすがに大きなデザートでなくてよかったと思いました。

もう一つのデザートは、パンプキンプディング、こちらも小さめサイズです。

周囲にあるのは、ローストされたココナッツと胡麻。香ばしい香りがします。プディングはかぼちゃの味を活かした甘み控えめのもの、こちらも美味しくきれいに完食しました。

食後は、ミルクティをいただいて食事を終えました。

タイ国際航空の機内食は常に美味しく、そして、何よりも盛り付けがとても美しく、丁寧さが感じられるもの。機内でのサービスが上質であることと通じているような気がします。

この日は、日中のフライト、機内食をいただいた後は、映画を見たり、シドニーで撮影した写真の整理などをして過ごし、ファーストクラスのサービスを満喫しました。

コメント