2020年1月タイ国際航空シドニー-バンコク(SYD-BKK)ファーストクラス【搭乗記】機内食(到着前の軽食、デザート)

機内食・サービス

2020年1月に搭乗したタイ国際航空ファーストクラスの機内食の様子を紹介しています。シドニーーバンコク間のフライトは、9時間半ほどのフライトの間、機内食のサービスは2回行われます。

前回までのブログで、最初の機内食サービスを紹介しています。今回のブログでは、2回目の機内食サービスを紹介します。

前回までに紹介した機内食はこちら↓

ファーストクラスでは、基本的に乗客のペースに応じて機内食のサービスが行われます。特に2回目のサービスは、食べる方、食べない方がおられるので、サービスのタイミングは様々。

2回目のサービスも軽食とはいえ、スープ、前菜、メイン、デザートとコース仕立てになっています。

最初の機内食のボリュームがあったので、わが家は、到着前に、夫はメインのみ、妻はデザートのみをお願いしました。

到着前の軽食でもテーブルセッティングが行われます。夫は2種類ある軽食のうち、トルテリーニをお願いしました。

もっちりしたマッシュルーム入りトルテリーニにチョリソ―が添えられています。

妻は、フランジパーヌ生地にラズベリーの入ったタルトをいただきました。

さっくりとしたタルトは思いのほか良いお味、シドニー発の機内食は全体に美味しいと思いました。

食後にお茶を楽しんでいると、あっという間にバンコク近くまで来ました。サービスを終えて、身の回りの物を片付けると、到着に向けて高度を下げ始めました。

高度を下げてからなかなか到着しないなと思っていたら、空港近くで何回か旋回して時間調整をしていました。航空機の軌跡を見ると、ループが2つ出来ていました。

乗り継ぎ時間には余裕があるスケジュールでしたので、特に心配はなく、ゆったりと過ごしました。

バンコクに到着すると、名前が書かれたボードを持ったタイ国際航空のスタッフさんのお出迎え。ファーストクラスの乗客は行先別にカートに分乗し、私たちは乗り継ぎラウンジ組として、ラウンジまで案内されました。

隣のカートは、入国審査場行き、12月にもかかわらず皆さん半袖短パンでした。

私たちのカートの前席に座った若い男性はこのサービスを受けるのが初めてだったらしく、前の席を譲りました。カートに乗っている間、楽しそうに動画撮影をして喜んでいました。私たち夫婦も、最初の頃は喜々として乗車してました(^^ゞ

この後はファーストクラスラウンジで乗継便の時間まで過ごしました。

コメント