2020年秋・涼しくなったら和栗を使った「朱雀モンブラン」毎年秋のお楽しみ~小布施堂 新宿伊勢丹(新宿三丁目)

モンブラン

毎年秋になると楽しみにしているのは、季節の栗菓子。今年も新宿伊勢丹に小布施堂の「朱雀モンブラン」を買いに行ってきました。

2020年秋のモンブランの季節、今年はすでに銀座三越の催事で期間限定で提供されていた「朱雀モンブラン」をいただきましたが、「涼しくなったらもう一度食べたいね」と、新宿伊勢丹に出かけました。

新宿伊勢丹の地下1階食品フロアには、小布施堂が店舗を出していて、通年で栗菓子が楽しめます。「朱雀モンブラン」は8月末~翌年3月末までの期間、新宿伊勢丹で購入することができます。

土曜日の午後、買い物の帰りに新宿伊勢丹へ。

「朱雀モンブラン」の前に、ケースの中のお菓子を見ると、新栗を使ったお菓子がたくさん。

本店でしか食べられないと思っていた「雁の山」が予約販売されているのを見つけました。「雁の山」は、小豆の上に新栗を裏ごしたものを乗せたお菓子、小布施にある雁田山を見立てたもの。新栗の味を楽しめます。

お菓子を見ていると、予約されていたお客さまが来店され、「雁の山」を4つお買い上げされているところに遭遇。そこまで美味しいのならば、次は試してみたいと思ってしまいました。

その他、新栗で作った槽流しの栗羊羹「本流」「蜜栗」「渋皮栗」もあり、食べてみたくなるものばかり。

目的のモンブランもあります。日によっては、午前中で売り切れてしまうこともありますが、この日は午後3時過ぎでもまだまだたくさん残っていました。

店頭の案内によれば、今シーズンは、来年3月31日までの提供とのこと。半年間以上、「朱雀モンブラン」が東京でも楽しめます。

この後、また買い物の予定があったので、代金を支払ってお取り置きをお願いし、家に帰る前にピックアップして持ち帰りました。

お馴染みの栗をデザインした小布施堂の手提げ袋に入っています。口には「朱雀モンブラン」の文字が入ったシールが貼られ、「入ってますよ」と宣伝して歩いているようでした。

反対側には、小布施堂のマーク入り。早速、午後のおやつでいただくことにしました。

■ 朱雀モンブラン(1,728円)

今シーズン2回目の「朱雀モンブラン」です。透き通るような栗あんの色合いがきれい、いつものモンブランです。

きれいに絞られた栗あんの色合いは少し色が薄め、白っぽく見えます。

半分に切って中の様子を見ようとしたところ、土台のタルト生地が柔らかめで、少し崩れてしまいました。

中は、タルト生地の上にカスタードクリーム、刻んだ渋皮栗、スポンジ、栗あん、生クリームが重ねられ、トップには栗あんがたっぷり絞られており、8月にいただいたものと同じでしたが、今回のものは、カシスが前回よりも多め、爽やかな酸味が効いたお味、さっぱりしています。

栗あんは栗の風味がしっかり感じられるもの、やはり美味しいと思いました。東京に居ながらにしてこれが楽しめるのは幸せなこと、有難く栗の味わいを楽しみました。

栗が美味しい秋はとても幸せな時期。今年も栗を大いに楽しみたいと思います。

関連ランキング:和菓子 | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

今シーズン最初の「朱雀モンブラン」は、銀座三越の催事でいただきました。そのほか、小布施に出かけて「モンブラン朱雀」も楽しんでいます。

2020年秋・小布施堂「朱雀モンブラン」と「モンブラン」の食べ比べ~銀座三越で期間限定の実演販売
2020年8月26日から1週間、期間限定で銀座三越に「小布施堂」が出店、「朱雀モンブラン」の実演販売が行われると知り、この週末、銀座に出かけ買ってきました。 販売は10時と15時の2回、各回120個限定とのこと。平日は夕方まで商品があ...
和栗の味を楽しむ「朱雀モンブラン」は今年も健在~小布施堂 新宿伊勢丹(新宿三丁目)
9月に入り、栗の美味しい季節が始まりました。今年も、夫婦お気に入りのモンブランのひとつ、小布施堂の「朱雀モンブラン」をいただきました。 新栗のニュースが始まると、決まって小布施堂の朱雀をいただくための行列が話題になります。今年も情報番...
小布施堂モンブラン専門店「えんとつ」でいただく「モンブラン朱雀」は栗にこだわったモンブラン
8月の週末、一足早い夏休み!と週末に小布施に行ってきました。栗の季節にはまだ早い時期ですが、1年通じて栗のお菓子を楽しめるところ、滞在中に小布施堂と桜井甘精堂でモンブランをいただいてきました。 最初に小布施堂でいただいたモンブラン「モ...

コメント