【2019年12月利用】バンコクスワンナプーム国際空港タイ国際航空「ロイヤルオーキッドスパ」ファーストクラス搭乗者には60分のマッサージサービス

機内食・サービス

タイ国際航空のファーストクラス利用者は、「ロイヤルオーキッドスパ」のスパトリートメントを受けることができます。空港内にスパがあるなんて、初めて利用した時にはとても驚きました。

「ロイヤルオーキッドスパ」は、「ロイヤルファーストクラスラウンジ」のすぐ目の前、コンコースDにあります。

ファーストクラス利用者は、こちらで、1時間のスパトリートメントを受けることが出来ます。トリートメントのメニューは、オイルマッサージ(60分)、タイマッサージ(60分)、首肩マッサージ(30分)、フットマッサージ(30分)の4種類から選択選べます。

夜行便でバンコクに到着した後、日中、空港内で過ごしてからシドニー行きのフライトの搭乗するという長い乗り継ぎ時間があり、旅の疲れもあまりないので、オイルマッサージをお願いすることにしました。

案内された個室はバス付のお部屋、広々とした空間で施術が受けられます。

ベットにはマッサージの準備が整えられています。

ソファもありますが、これはいつ使うのでしょうか・・・

バスタブはフルサイズのゆったりしたもの、次の予約があって利用できませんでしたが、ここで湯船につかれればとてもリラックスできそうです。

施術を受ける部屋のほか、着替えをする部屋があり、洗面台、お手洗い、シャワーの設備が整っています。

アメニティはロクシタン。シャワールーム内にもロクシタンのアメニティがあり、自由に使えます。

シャワーは、施術の前、施術の後、希望のタイミングで利用できますが、オイルマッサージの時は、施術後にシャワーを利用して、肌のべたつきを抑えるようにしています。

60分の施術は充分長いはずですが、受けているとあっという間。セラピストの手のぬくもりを感じているとそのまま眠りに落ちてしまい・・・すやすやと休んでいる間に施術は終わりました。名前の通り、シルクのようなタッチのマッサージで癒されました。

マッサージの後は、ファーストクラス乗客用のエリアで、お茶をいただきます。

部屋の中には、タイのお菓子が揃っています。

ドライフルーツやミックスナッツ。

タイらしいお菓子がいろいろ。

甘そうなものばかりで、遠慮しておきました。

レモングラスの香りが効いたお茶をいただきながら、マッサージ後の余韻を楽しみました。今回も別のお客さんに会うことはなく、静かでした。。

コメント