【2019年12月利用】バンコクスワンナプーム国際空港エバー航空「エバーエアラウンジ」~独特な照明で前衛的な雰囲気

機内食・サービス

バンコクのスワンナプーム空港にはスターアライアンス系航空会社のラウンジが複数あります。シドニー旅行の乗り継ぎで空港内に丸1日滞在することになり、入室可能な航空会社ラウンジをはしごしました。

その中のひとつ、エバー航空のラウンジ「エバーエアラウンジ(EVA AIR Lounge)」の様子を紹介します。

「エバーエアラウンジ」は、コンコースFのF1ゲートの近くにあります。

中に入るとラウンジ内のマップがありました。ソファースペース、ブッフェバー、ドリンクバーなどどの航空会社のラウンジにもある設備のほか、シャワールームや仮眠室もあって充実しています。

スポンサーリンク

ソファースペース

ラウンジ内にはゆったり座れるソファ席がたくさん用意されています。

窓際には、空港内を眺めながら過ごせる場所があるほか、室内にはゆったり座れるソファが並んでいます。

ソファの形は様々。

頭まですっぽり覆われるソファもあります。

スポンサーリンク

仮眠室

仮眠室は2部屋。日中でしたので、2部屋とも空いていました。

カーテンの中には、マッサージチェアが置かれていました。横になれるベットではありませんが、マッサージチェアに体を沈めると眠りに落ちそう・・・

スポンサーリンク

ビジネスセンター

ワークスペースはPC付き。最近はPCを持ち歩いていますので、設置されているPCを使うことが少なくなりましたが、大きな画面のデスクトップがあると便利なもの。

プリンターもありますので、旅先の予定などの調べ物は便利。地図などの印刷もできます。

このほか、写真はありませんが、軽食やドリンクが並ぶダイニングエリアがあります。ダイニングエリアのみ混みあっていたので、写真が撮影できませんでしたが、サンドイッチ、点心、サラダ、カップ麺など種類は豊富、さすが食の台湾と思うラインナップでした。

ソファエリアは空いていたので静かで居心地が良いラウンジでした。

コメント

  1. John より:

    こんばんは
    EVAラウンジの昼間はこんな感じののですね
    深夜ですと明かりが落とされて、シカゴ空港UAコンコースを結ぶ地下道ネオン状ライトが
    怪しく輝き、場末のパチ屋?
    SQもJLもイマイチでやはりバンコクではTGが正解と思います
    もうシカゴ空港が懐かしく、次はいつ行けるでしょうか

    • プリンセスマイラープリンセスマイラー より:

      昼間でしたが照明の色合いが何とも言えず、不思議な雰囲気でした。
      シカゴの地下道の雰囲気も独特ですよね。

      バンコクでは、航空各社のラウンジは軒並み休業中の様子、仮に海外に行けたとしても、ラウンジを利用できるようになるまでにはまだ時間がかかりそうです。

      勤務先ではようやくPCR受検を経て海外赴任させる動きがはじまったばかり。私用での渡航は自粛になっています。早く行ける日が来るといいですね。