果実園リーベルのモンブランパフェはお店毎に異なる作品?東武池袋はフルーツの代わりにパフ入りで残念~果実園リーベル東武池袋店(池袋)

モンブラン

池袋に買い物に出かけた休日、東武百貨店に果実園リーベルがあることを思い出し、午後のお茶タイムに行ってみました。

東武百貨店11階のレストランフロア「スパイス」の中の1店です。

東武池袋店では、ビュッフェの営業をしています。ランチタイムは100分4,200円の設定、パスタ、ローストビーフ、チキンカレーなどの食事メニューの他、フルーツ、ミニパフェ、フルーツサンドなどがいただけます。

伺った日はすでにランチを済ませた後でしたので、フルーツビュッフェは難しい状況。こちらは次回に。

店先にはきれいなズコットが並びます。柿やシャインマスカット、洋梨など季節のフルーツが使われたズコットは彩りよくとても美味しそう。

栗の季節には、モンブランズコットもあり、魅力的。

店頭で15分ほど待ったところで入店、午後の時間ではありましたが、比較的待たずに入店できました。

店内はほぼ満席。休日の午後の時間帯は、果実園を利用したくなる時間帯ですよね・・・

案内されたのはボックス席、ゆったりくつろぎながら過ごせます。他の果実園はテーブル席ばかりですので、ボックス席があるのはありがたい。

今日のパフェは・・・と秋の果物を使ったパフェが目白押し。ぶどう、梨、柿、いちじくといずれも美味しそうです。

夫はフルーツ系の気分、季節ならではのパフェを見つつ・・・

フルーツパフェにしようと決めたようです。

妻は、秋のモンブランメニューの3種類で迷い、モンブランパフェをオーダーすることに決めました。

■ フルーツパフェ(1,450円)

15分ほどでフルーツパフェが先に運ばれてきました。いつもながら、きれいに飾り切りされた華やかなパフェです。

乗っているフルーツは、

りんご、いちご、ブルーベリー、オレンジ、バナナ、マンゴー、グレープフルーツ、

すいか、メロン、パイナップルと、10種類のフルーツが乗っているパフェ、果実園らしく盛りだくさんです。

フルーツの中にはシャーベット入り。

フルーツの中で一番美味しかったのはパイナップル。そのほかのフルーツも、旬の最盛期ほどではありませんが、甘み、酸味がそこそこあって美味しいもの。これだけの種類のフルーツがいただけるのは幸せなこと。夫はうれしそうに平らげていました。

■ モンブランパフェ(2,000円)

続いて、妻のモンブランパフェも運ばれてきました。

トップには大きな栗の渋皮煮、バニラアイスクリームにマロンクリームがたっぷり絞られ、フルーツが飾られています。

乗っていたフルーツは、りんご、ブルーベリー、ラズベリー、

そして、シャインマスカットとナガノパープルも乗っています。

濃厚なバニラアイスクリームに甘めのマロンクリームと甘実はとても強め。モンブランを先に食べてしまうとフルーツの甘味が楽しめなくなると思い、先にフルーツをいただいてから、モンブランと食べ進みました。

想定外だったのは、パフェのグラスグラス部分、グラスの中身の大半はパフが占めています。底の部分はコーヒーゼリー、クラッシュマロン、そしてパフ、他の果実園では、グラス部分にはフルーツまたは栗の渋皮煮で埋め尽くされていますが、まさか、パフがここまでたくさん入っているとは想定外。

改めてメニューの写真をみると、確かにパフらしい白い粒が見えますが、運ばれてきた実物とは大きく異なるもの。果実園ではメニュー写真を上回る豪華なフルーツのパフェで想定外に驚くことが多々ありますが、残念な方向で想定外だったのは初めての経験。果実園らしくなくとても残念でした。

いっそパフェではなく、フルーツモンブランにしておくのが正解だったかもしれませんね。

Twitterで紹介されている写真でもパフの白い粒が見えますが・・・提供されたパフェとは分量には違いがあるように思います。

これまでもお店によってパフェの内容が異なると思いましたが、旬のフルーツの違いだったり、その日の入荷状況によって変わったりするものであって、その時々の美味しいフルーツが楽しめるという点では期待を裏切ることのないパフェが提供されていましたが、まさかフルーツの代わりにパフを使うとは・・・来週、別の果実園でリベンジしたいと思っています。

関連ランキング:フルーツパーラー | 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅

コメント