胡麻だれで和えるまぐろが美味、銀座で気軽な和食ランチ~日本料理 岩戸 銀座店(銀座一丁目)

ランチ

銀座に所用で出かけた週末、ランチを食べて帰りました。「銀座でランチ♪何を食べよう」と夫婦で盛り上がったものの、なかなかこれといったものが思いつかず、食べログで検索。「和食がいいかな」と複数の候補の中から、「銀座岩戸」に行ってみることにしました。

お店は銀座1丁目、高級食パンの「セントルザベーカリー」の近くにあります。

日曜日、祝日はお休みですが、土曜日は営業しています。土曜日のメニューは、「まぐろ胡麻だれ重」と「豚汁」、1,000円ランチです。

お店に入るとすぐレジがあり、先払い式。食べるものを決めてお支払いをした後、食券(札)を受け取って席に着きました。

11時半過ぎに伺った時点では、2組目でしたが、その後どんどんお客さんが入って、12時過ぎには満席。とても人気があるようです。

テーブルの上には、「自家製 浅漬け」の丼がありました。スタッフさんより「小皿にとってお召し上がりください」の案内。中身は白菜と昆布の浅漬け、少し甘みがあって塩分は少な目の仕上がり。このままでもいただけるお味で、美味しいもの。

美味しかったので、思わず、お料理が到着する前につまんでしまいました。

■ まぐろ胡麻だれ重(1,100円)

夫は「まぐろ胡麻だれ重」を選択。重箱の中にご飯、そしてたっぷりのまぐろが敷き詰められています。味噌汁は白みそのしじみ汁、出汁の味が良く出ている美味しいみそ汁です。

海苔の良い香りととともに、まぐろをいただいてみました。胡麻だれと言えば鯛や鯵ですが、まぐろと練りごまの相性は良く、まぐろの味わいが増しています。海苔も、ねぎも良く、美味しい!

ご飯が若干少な目でしたので、「大盛りにすればよかった」と思ったとのこと。普通盛りでは少し物足りなく感じる分量だったようです。

■ 石垣豚 豚汁定食 まぐろ小鉢付き(1,000円)

妻は、「豚汁」にしました。まぐろの小鉢付きに惹かれ、豚汁もまぐろも食べられる「豚汁定食」を選んだもの。思った通りのボリュームです。

豚汁に沢山の豚肉が入っていて、とてもコクがあるもの。豚肉だけでなく、にんじん、さといも、玉ねぎといった具材がたっぷり入っていて、満足感のある一品。

まぐろの小鉢は、「まぐろ胡麻だれ重定食」と同じまぐろ。ご飯によく合い、とても美味しいと思いました。唯一残念だったのは、ご飯がとても硬めの炊き加減であったこと。妻は硬めのご飯が好きなのでよかったのですが、柔らかめが好みの方は少々辛いかもしれません。

「豚汁定食」なら豚汁とまぐろ重と両方楽しめる贅沢な組み合わせ、こちらを選んで正解でした。

食べログの情報を参考に出かけたお店でしたが、思い通りのランチが楽しめました。食べログに情報を寄せていらっしゃるレビュアーさんに感謝です。

コメント