2020年2月ユナイテッド航空成田-シカゴ(NRT-ORD)ポラリスビジネスクラス【搭乗記】機内食・和食

機内食・サービス

2020年2月のフィラデルフィア旅行、ホノルルまでフライトの様子を紹介しています。機材に続き機内食を紹介します。

DateDescriptionPQFPQPMiles
22020/2/8United 0902 NRT – HNL ← 今回の記事はここ11791,969
2020/2/8United 0218 HNL – ORD11992,189
2020/2/9UA Express 4563 ORD – PHL132352
2020/2/10United 2409 PHL – ORD180880
2020/2/10United 0881 ORD – NRT17328,052

ホノルルまでのフライトは7時間半と短いフライトですが、機内食のサービスは2回、最初が夕食、そして到着前に朝食のサービスがあります。

搭乗時に座席に用意されていたメニューを見ると、夕食は洋食3種類と和食の計4種類から選べます。この日の洋食は、牛テンダーロインのソテー、ローストチキン、鯛フィレソテーの3種類、和食派銀だら西京焼きという内容、妻はいつもの通り和食、夫は洋食メニューの中から選ぶことしました。

今日のブログでは、和食メニューを紹介します。

メニューの中にはドリンクメニューも入っています。お酒を飲まないわが家には不要なメニューです。

一の膳

前菜、先付、小鉢がトレーに乗って供されました。

前菜

紅茶鴨ロース辛子風味ソース グリーンカールレタス、大根と人参の千切り添え

メニューの名前の通りのお料理です。紅茶鴨とありましたが、紅茶の香りはせず・・・冷たく冷えていたので、鴨が少し硬めでした。

先付

白子豆腐、焼き海老、南瓜八方煮、野菜各種

シンプルな味付けの先付、素材の味を楽しむ嗜好でしょうか。

小鉢

いかの明太ソース、小松菜と人参のお浸し

小鉢となっていますが、平皿に盛られたお料理、明太マヨネーズは美味しいのですが・・・何とも言えないお料理です。

以前に比べると、彩りが考えられ、和食らしいお料理が供されるようになりましたが、これが和食か?と思うお料理が続きます。

二の膳

最初のお料理を食べ終えると、食器が下げられ、二の膳の料理が純に運ばれてきました。

主菜

銀だらの西京焼きというメニュー名からは香ばしく焼き上げられた銀だらを想像していましたが、あんがかかったパサついていると思われる魚、確かにメニューには「銀餡」と書かれていましたので、メニューに偽りないお料理です。

ご飯

今日のご飯は、しめじの炊き込みご飯。丸い型に入っていたものを盛り付けたのかちょっと硬めでした。

味噌汁はインスタントのようですが、ネギや三つ葉は生のものを使っているなど気遣いが感じられます。後は味が薄ければよいという状況、いつもみそ汁は濃い目です。

香の物はピンクのらっきょう。最近香の物をいただく習慣がなくなっていたことに気が付きました。

以前の和食に比べる炉、進歩が見られますが、日系航空会社に比べると残念ながら見劣りします。メインの焼き魚などもう少し美味しかったらいいのにと思います。

食後のデザートは和菓子をチョイス。練り切りの梅の花はかわいらしくそして美味しいもの。この日の機内食の中で一番美味しかったのはこの和菓子。デザートが美味しいのはうれしいのですが、主菜のグレードアップをと思ってしまいます。頑張りは感じますが、和食は残念ながら、今一つ。

次の改革で美味しくなることを期待しています。

コメント