【2020年2月利用】全日空成田国際線「ANA LOUNGE(ANAラウンジ)」~快適なシャワールームを利用するならこちら

機内食・サービス

2020年2月のフィラデルフィア旅行では、全日空の「ANAラウンジ」を利用しました。

スポンサーリンク

ラウンジの場所

全日空「ANAラウンジ」は南ウイングに2か所あります。

「ANAのラウンジ」は青色の丸の位置2か所、南ウイングの中で出国審査から一番遠い43-47番ゲート付近にもありますので、出発ゲートの位置に関係なく利用できるのが良い点、南ウイング内にはANAと同じスターアライアンス系航空会社ユナイテッド航空のラウンジ「ユナイテッドクラブ」が緑色の丸の位置にあり、南ウイングの中でバランスよく配置されているのがわかります。

今回利用したのは、52-55番ゲート付近にあるラウンジです。

スポンサーリンク

シャワールーム

シャワールームはスタッフに利用を申し出て使う方式、午後早い時間はすぐに使えることが多いですが、夕方16時過ぎになると利用するお客さんが増えるため、予約して順番待ちに。いずれにしても、ページャーで呼び出しされるので、ラウンジ内でくつろぎながら順番を待つことができます。

シャワールーム個室には、シャワーブース、お手洗い、洗面台があり、荷物を置いたり着替えたりするのに充分なスペースが取られています。

シャワーのアメニティは「THANN」ブランドのもの。シャンプー、コンディショナー、ボディソープがあり、環境に考慮して、ボトルで置かれています。

以前は資生堂ブランドの個包装のもの、運営が変わっています。

バスタオル、フェイスタオル類があるほか、歯ブラシ、ひげそり、コーム、コットン綿棒セットなどもあり、充分。

この日のタオルは特にふかふかのもの。新しいタオルに当たったのか、タオルのブランドを変えたのかまではわからなかったのですが、とても柔らかい肌触りで使い心地のよいタオルでした。

化粧品はコーセーの雪肌精のボトル。アジア系の方にとても人気のあるブランドですので、喜ばれる方も多いと思います。

こちらも以前は個包装のパックでしたが、雪肌精が利用できるならボトルの方が有難いです。

シャワールームはいつも清潔でメンテナンスもきちんとされていますので、快適に利用できます。

スポンサーリンク

ラウンジ内の様子

ANAラウンジも出発便が集中する夕方から夜にかけて混み合ってきますが、午後早い時間は空いています。

お客さんがほとんどいない時間帯は静かですが、夕方はほぼ席が埋まってくるので、ざわざわと騒がしくなります。

スポンサーリンク

軽食

ANAラウンジでは、どの時間帯にも軽食が用意されています。

■ サラダ・冷製・サンドイッチ

冷蔵ケースの中にはサラダや杏仁豆腐などのデザート類。

サンドイッチはハムチーズと野菜、ポテトサラダの3種類。

■ ご飯もの

その他、おにぎりや太巻き、稲荷寿司などもあります。おにぎりの具材はいろいろ。炊き込みご飯だったり、さけ、うめぼし、明太子など。お赤飯があった日もありました。

■ スープ

スープ類は、おおむね2種類、味噌汁とその他のスープがあります。この日は、日光湯葉が入った洋風のスープでした。

2月に利用した際は、ランチを食べ損ねていたので、ラウンジで軽食をいただきました。

サラダバーからサラダをいろいろ。

おにぎりは小さめですので、ちょっとだけということもできます。2月の時ひじきの炊き込みご飯のおにぎりがありました。

ちなみに、1月の時はお赤飯があって、妻は大喜びしていました。長らくANAラウンジを利用していますが、お赤飯に出会ったのは初めてでした。


意外に美味しかったのが湯葉のスープ。クリーミーな味わいでおにぎりと一緒に美味しくいただきました。

スポンサーリンク

ヌードルバー

お料理が並ぶビュッフェ台のほか、麺料理をオーダーできるヌードルバーがあります。

そば、うどん、ラーメンがあり、きつね、とろろ、かき揚げ、カレーなどトッピングが選べます。

少し寒い日でしたので、とろろそばをお願いしていただきました。

スポンサーリンク

シェフサービス

夕方、15時過ぎには、ANAシェフが直接サービスする「シェフサービス」 で握り寿司がふるまわれました。

ラウンジ奥のエリアにシェフが立ち、その場で握ってもらえる”ライブサービス”です。この日は、まぐろ、サーモン、えびの3種類のネタがあり、好みのネタをいただけます。

シェフがその場で握ってくれるもの、回転寿司のような乗せただけのお寿司ではなく、美味しい。

これがはじまると行列ができ、1人1皿でとお願いされますが、何度か並ぶことはできますので、2カン以上いただくこともできます。

シェフサービスが行われるのは夕方の混み始める時間帯。ラウンジの奥のスペースでサービスをしているのは、お客さんを奥のスペースに誘導するためかと思っています。シェフサービスを始めると自然に人だかりができて、周囲のソファースペースに座るお客さんも増える・・・そんな作戦なのかと思っています。

スポンサーリンク

食後に

食事をして、シャワーを浴びた後は、ラウンジでフィラデルフィアでの観光プランを検討していました。

デザート代わりに、栗ペーストが入ったデニッシュとリンツのチョコレートをいただきました。

いつものサブレもあり、サブレまでいただき、お茶を飲みながら過ごしました。

 

ユナイテッド航空と全日空とラウンジの雰囲気が異なりますが、どちらも快適に過ごせる場所。お料理や設備はANAの方が良いと思っていますが、ユナイテッド航空の方がゆったり座れるスペースが多いように思います。両方利用して好みを確認するのが何より、同日に両方のラウンジを利用することもできます。

久しぶりにラウンジの写真を見て、海外旅行に行ける日が早く来ないかと思うようになりました。

コメント