羽田空港でもブルーシールアイスクリームで沖縄を満喫!沖縄らしいフレーバー「塩ちんすこう」や「紅イモ」「ウベ」がお勧め

国内散歩

羽田-那覇間の往復を繰り返すうち、ブルーシールアイスクリームの美味しさを知り、看板を見ると、ふらふらと吸い寄せられるようになってしまいました。

日本国内の各地へのフライトの前後、羽田空港ターミナルビル内にあるブルーシールアイスクリームが最も危険な場所、前後で時間があったり、アイスクリーム日和の時は、ついついここで沖縄気分を満喫!一連の修行活動の間、相当回数行ってしまいました。

羽田空港でいただいたブルーシールアイスクリームをまとめて紹介します。

お店は、羽田空港第二旅客ターミナルビルの到着ロビー(1階)にあります。ちょっと目立たないエリアですが、隣はANAのグッズを多く扱う「ANA FESTA」、お店の前を通ったことがある方は多いと思います。

羽田空港のお店では、アイスクリーム、ソフトクリーム、クレープを販売しています。アイスクリームは様々なフレーバーの取り揃え、この風景は、まさにサーティワンアイスクリームです。

アイスクリームの大きさは、レギュラーサイズと小さめのジュニアサイズの2種類。シングル、ダブル、トリプルとポーションの数も選べます。

大きめのレギュラーサイズのシングル(400円)か、小さめのジュニアサイズのダブル(520円)くらいが適量かと思います。

アイスクリームのフレーバーは23種類、ウベ(紅山芋)や紅イモ、塩ちんすこうなど沖縄らしいフレーバーがあるのが特徴です。

■ 紅イモ&サンフランシスコチョコミント(520円)

夫が最初に選んだのはこの組み合わせ。沖縄に通い始めて20年以上、これが一番美味しいと真っ先に選んでいました。

■ 塩ちんすこう&ウベ(520円)

妻は、沖縄らしいフレーバーを試してみたいとこの組み合わせ。ちんすこうはクッキークリームの沖縄版、塩の効いたクッキーが冷たさを和らげてくれるもの、ウベは、ちょっと粘り気のあるもの、素朴な味でほっとします。

■ さとうきび&ショコラクッキースワール(520円)

さとうきびらしい風味はシンプルな味わいで美味しいもの、チョコレートは思ったほどパンチがなく。拍子抜け、サーティーワンのロッキーロードとは異なるものでした。

■ シークワーサーシャーベット(400円)

バータイプのアイスクリームでもおなじみのシークワーサーはさっぱりしたお味です。

■ ネオポリタン(400円)

定番のバニラ、チョコ、ストロベリーの3種類が一度に味わえる夢のアイス!と思ったのですが、ストロベリーが今一つ、期待したほどのお味ではなく・・・リピートはなさそう。

■ 美らイチゴミルク(400円)

沖縄県産のいちご「美らイチゴ」なる品種があると初めて知りました。塩味の効いたバニラとの組み合わせはなかなか、ストロベリー味を楽しむならこちらのほうがお薦め。

■ パインソルベ(400円)

フルーツ好きの夫はシャーベット系を。こちらもさっぱりしているのが◎美味しかったとのこと。妻はアイスクリームの方が美味しいと思うのですが・・・

■ 紅イモソフトクリーム(400円)

ソフトクリームは、紅イモ、バニラ、ミックスの3種類、紅イモをいただいてみました。なめらかなソフトクリームの紅イモの風味、これは病みつきになるお味と思いました。

羽田空港でいただいたブルーシールアイスクリームは以上ですが、一度行ってしまうとクセになるので、修行は寒い時期にしておいたほうがよいかと思ってしまいました。夏に羽田空港に行ったら・・・避けては通れないお店です。

なお、ソフトクリームは、那覇空港の全日空側搭乗口近くの売店でも食べられます。実は、那覇でも食べてしまいました。

那覇でもフレーバーは同じ、紅イモ、バニラ、ミックスの3種類。お値段は東京よりも50円お安い350円です。

夫は紅イモ、妻はバニラのお味も確かめたくミックスをいただきました。

暑い那覇で冷たいアイスクリームは特に美味しいと思うもの。折り返し便を待つお客さんも結構召し上がっておられたので、これを食べに来ている方も多いようにお見受けしました。修行の友に紅イモソフトクリーム、これありですね。

関連ランキング:アイスクリーム | 羽田空港第2ターミナル駅(東京モノレール)羽田空港第1・第2ターミナル駅(京急)羽田空港第1ターミナル駅(東京モノレール)

コメント