ホテルニューオータニ東京の「レッドローズガーデン」は都心で楽しめる無料のバラ園~見学の後はニューオータニクラブラウンジで午後のひと時を

国内散歩

春から初夏にかけてとと秋に見頃を迎えるバラ園、東京近郊では、「旧古河庭園」や「鳩山会館」、「神代植物園」、「京成バラ園」など見応えある名所がありますが、ホテルニューオータニ東京でもバラが楽しめるのはご存知ですか?

ホテルニューオータニでは、屋上緑化の一環としてホテル敷地内にバラ園「レッドローズガーデン」があり、5-6月、10-11月の間無料で公開されています。

バラ園があることはニューオータニクラブの会員紙の紹介で知っていたものの、伺う機会がないまま。そんな中、友人のBちゃんに「ニューオータニのバラ園、とってもきれいだったよ」と勧められ、休日にホテルニューオータニに出かけた折、立ち寄ってみました。

入口は、本館3階、ニューオータニクラブ会員用ラウンジの奥にあります。この先にローズガーデンがあるとは思えないところです。

入口には一輪の赤いバラが飾られています。

中に入るとバラ園の案内があり、これを見ながら園内を散策できます。ローズガーデンには、赤いバラだけで30品種で2,000株、3万輪ほどの花が栽培されています。

シーズン中はいずれかの品種のバラが楽しめますが、出かけたのはシーズン終盤の11月半ば、ほとんどのバラが咲き終えた状態で、少し寂しい状況でした。Bちゃんに紹介された直後に行けばよかったと反省、来年は5月に行ってみようかと思っています。

「レッドローズガーデン」でバラを楽しんだ後は、ニューオータニクラブラウンジに立ち寄り、お茶とお茶菓子をいただきました。

ホテルニューオータニの会員制度「ホテルニューオータニクラブ」の会員になると、会員特典として、ニューオータニクラブラウンジが利用できます。ラウンジでは、無料のソフトドリンクが用意されており、ソファでくつろぎながら休憩が可能。雑誌や新聞なども置かれていますので、空港ラウンジのようです。

我が家では、ホテルニューオータニにケーキやパンを買いに行った折などに利用させてもらっています。

「ニューオータニクラブ」は年会費無料でどなたでも入会できます。会員になるとラウンジが利用できるほか、レストランや宿泊の利用時に特典もありますので、ホテルニューオータニを利用される方にはお薦めの会員制度です。

コメント