2019年GW「ヒルトン北京キャピタルエアポート」宿泊記(エグゼクティブラウンジーハッピーアワー)

宿泊記

ヒルトン北京キャピタルエアポートのエグゼクティブラウンジでサービスされるハッピーアワーに行ってみました。

毎晩、18時以降、エグゼクティブラウンジでハッピーアワーのサービスがあります。この時間帯はアルコールドリンクとおつまみが提供されています。

アフタヌーンティの時間帯にはお客さんをほとんど見かけませんでしたが、ハッピーアワータイムは一転し、賑わっていました。ビジネスのお客さんの他、ファミリーなど、お客さんの客層は幅広いようでした。

スポンサーリンク

アルコール類、ドリンク

ハッピーアワータイムには、ビール、シャンパン、ワイン、スピリッツ類がサービスされていたほか、ソフトドリンクもあり、ワイン片手におつまみをつまむ方が多いようでした。

スポンサーリンク

スナック

おつまみの種類は豊富、軽い食事になるのではと思うほど充実していました。


チーズは3種類、ドライフルーツ入りのチーズがデザートのようで、美味しかったのが好印象です。

チーズに合わせるグリッシーニやクラッカー類も充実。

種類は少ないのですが、サラダバーもあります。

アフタヌーンティの時間帯と同じフルーツもあって、うれしい。

おつまみの定番、サモサは作りたて。冷めないよう配慮もされています。

美味しかったのはこのサラダ。地中海サラダにニコルサラダ、いずれも手が込んだ味付けで、ワインにも合うお料理です。

その他、中国らしいと思ったものは、

蒸篭でふかした芋類、さつまいも、さといも、ながいもがありました。蒸芋を食べる習慣がなかったので、ちょっと違和感があったのですが、いただいてみると意外な美味しさ。主食代わりにもなりそうです。

蒸しパンの蒸篭もあり・・・パン代わりかなと解釈しました。

調味料もいろいろ。

スープもあり、おつまみもラインナップが広いと思いました。

スポンサーリンク

いただいたお料理

ハッピーアワーの内容が充実していたこともあり、軽くいただいて夕食代わりにしてしまいました。

サラダやチーズに中国茶を合わせて楽しみました。

一番美味しかったのは、地中海サラダ。シーフードがたっぷり入ったオリーブオイルとレモンの酸味が効いた美味しいサラダ、グリッシーニやクラッカーとともにいただきました。

ハッピーアワーの時間帯にもスイーツが並んでいたので、デザートまでいただいてしまいました。

宿泊のお客さんは皆さん静かに夕刻のひと時を過ごされ、上品なハッピーアワーでした。
(途中、利用者のおひとりが、テレビ電話を始めたのですが、見かねたお客さんが注意されていました。お互いマナーを守るいい雰囲気でした。)

コメント