2020年2月ユナイテッド航空成田-シカゴ(NRT-ORD)ポラリスビジネスクラス【搭乗記】機内食・朝食

機内食・サービス

2020年2月のフィラデルフィア旅行、ホノルルまでフライトの様子、機材に続き機内食を紹介しています。

DateDescriptionPQFPQPMiles
22020/2/8United 0902 NRT – HNL ← 今回の記事はここ11791,969
2020/2/8United 0218 HNL – ORD11992,189
2020/2/9UA Express 4563 ORD – PHL132352
2020/2/10United 2409 PHL – ORD180880
2020/2/10United 0881 ORD – NRT17328,052

前回までのブログでは夕食(和食・洋食)を、今日は朝食を紹介します。

北米線の2回目の機内食は、複数メニューから選択できますが、ホノルル線は1種類のみ、フレッシュフルーツとシリアルの軽めの朝食が用意されています。

ホノルル線はフライト時間が短いので、1回目と2回目の機内食サービスの間隔があまりないので、ボリューム控えめにしているものと思います。

朝食は、フルーツ、シリアル、牛乳、ヨーグルトがトレーに乗った状態で提供されます。その後、パンバスケット持ったCAさんが各席にパンを配って歩きます。

朝食のパンはクロワッサンやシナモンロールが定番です。

フルーツプレート

メインはフルーツ。冬季の日本発ではあまり期待できないのですが、メロン、りんご、グレープフルーツ、パイナップル、ぶどうが盛り付けられていました。

一番甘かったのは、パイナップル。フルーツは当たり外れがあり・・・この日はまあまあでした。

シリアル

シリアルはコーンフレーク。レーズンブランなどの時もありますが、ほぼコーンフレーク。朝食でシリアルを食べる習慣がないので、どうも馴染めません。パンも提供されるので、シリアルが食べられなくても朝食としての分量は充分です。

その他、ヨーグルトが付き、日本発の場合はグリコの「朝食りんご」。牛乳もグリコなので、乳製品はグリコ一択なのかもしれません。

朝食を食べ終えると、ホノルル到着まではわずか。あまりゆっくり休めなかったので、朝食を片付けてもらった後、少しだけ眠って到着してからの体力を温存しました。

ホノルル線は機内食いただいていると乗っている時間はわずかに感じるほど。快適な機材の時は、ほどよいフライト時間の方がよいですね・・・

コメント