2020年1月ユナイテッド航空成田-シカゴ(NRT-ORD)ポラリスビジネスクラス【搭乗記】機内食(夕食その1)~洋食メニューの中から米系航空会社の得意料理ステーキを

機内食・サービス

2020年1月のフィラデルフィア旅行は往復ともにシカゴ経由。最初の成田からシカゴまでのフライトでいただいた機内食を紹介します。

DateDescriptionPQFPQPMiles
12020/1/11United 0882 NRT – ORD ←今回の記事18959,845
2020/1/11United 0626 ORD – PHL1971,067
2020/1/12United 2805 PHL – ORD122242
2020/1/12United 0881 ORD – NRT12012,211

機内食は搭乗後すぐに供される夕食と、到着前に供される朝食の2回サービスがあります。

最初の夕食のメインは、洋食3種類、和食の計4種類から選択できます。洋食は、牛テンダーロインのソテー、鶏胸肉の生姜醤油照り焼き、鯛フィレのソテーが用意されていました。メニューを比べて、夫婦それぞれ違うメインのお料理を注文、お互い味見させてもらいながらいただきました。

今日のブログでは、夫が選んだ洋食メニューを紹介します。

■ 冷たい前菜、サラダ

洋食メニューは、前菜、サラダ、メイン、チーズ、デザートの構成、最初に前菜とサラダが一緒に運ばれてきました。

前菜は、スモークチキン、サラダはミックスグリーンのサラダです。

スモークチキンはポテトサラダとともに盛り付けられています。普通に美味しいお料理なのですが、素材の組み合わせも盛り付けも家庭的な雰囲気、外食というよりも、「家の食事?」と思うものでした。

さらに驚いたのはサラダ。グリーンリーフサラダなのですが、一番上には、キャベツの葉が1枚。メニューにはキャベツとありましたが、まさか、大振りのキャベツの葉が一番上に飾られるように盛り付けられているとは思わず「これ何のサラダ?」と夫婦で顔を見合わせてしまいました。

■ パン

パンはリベイクされたものがかご盛りで用意され、CAさんが好みを確認しながら、配っていきます。

夫が選んだのは、ガーリックバゲット。ニンニクの香りのするバゲットは食欲を誘います。

■ 牛テンダーロインのソテー

メニューには、テンダーロインのソテーとありましたが、いわゆる厚切りステーキ、上に乗せられたバターの香りが美味しそうです。

切り分けてみると、中までしっかり火が入ったもの、思ったよりも柔らかい肉質のステーキ。付け合わせはほうれん草ソテーとベイクドポテト、いずれもバターとの相性がよく、ステーキソースのバターとともに味わうとさらに味が引き立ちました。

■ デザート

デザートの最初はチーズ盛り合わせなのですが、この日は搭乗前にしっかり食事をしてしまったこともあり、デザートがいただけなくなると、パス。アイスクリームのみをいただきました。

ユナイテッド航空のアイスクリームはバニラアイスにトッピングを乗せるもの。夫はいつものストロベリーソースとホイップクリーム、チェリーを飾ってもらっていただきました。ホイップとストロベリーを一緒にいただくと美味しく、アイスクリームも最後まで美味しくいただきました。

食事の後はできる限り眠って体を休めたいと、食事を食べ終えると早々に眠りにつきました。

コメント