3種類のモンブランの食べ比べで秋のスイーツを満喫♪「栗とぶどうのハロウィーンパーティー」~ニューオータニ幕張(幕張)

モンブラン

秋はスイーツの美味しい季節、栗やさつまいも、かぼちゃ、ぶどう、柿などなど、秋らしいフルーツや果実を使ったスイーツが楽しめる時期、今年は3種類のモンブラン食べ比べのできるホテルニューオータニへ出かけました。

ホテルニューオータニでは、直営の3ホテル(東京、幕張、大阪)で栗とぶどうを使ったスイーツフェアを開催中、幕張に所用で出かけた折、ニューオータニ幕張で開催されている「栗とぶどうのハロウィーンパーティ」に行ってきました。

海浜幕張駅から歩いて5分ほど、付近のビルの区画はとても大きいので、近くに見えても歩くと時間がかかるという北京のような街並み、海に近くリゾート風の街路樹もありシンガポールに来ているようです。

ホテルのロビーはハロウィーンの飾りつけがされ、秋本番といった雰囲気。

スポンサーリンク

会場は「ザ・ラウンジ」

サンドウィッチ&スイーツプレゼンテーションの会場は1階の「ザ・ラウンジ」、正面にも大きなピンクのかぼちゃが飾られていました。さらに・・・

レストラン入口にある消毒液ディスペンサーもかぼちゃ(笑)とことん、ハロウィーンにこだわっているようです。

コロナ禍、感染拡大防止策として、入店時間をずらして予約を入れる形での運営、11:00以降、15:30までの間30-45分おきに予約が入れられるようになってました。

お陰で店内はゆったり、ビュッフェ台も行列にならずのんびり楽しめました。

案内されたのは窓際のテーブル席でした。

テーブルの上には、アフタヌーンティの3段トレイのほか、お皿、サラダボールなどがあらかじめセットされていました。お皿を持ってお料理を取りに行く運営、これも感染対策と思います。

ソファー席には通路に向かって飛沫が飛ばないようアクリル板が置かれています。

スタンドに何か黒いものが付いていると、近づいてみると・・・

ハロウィーンのデコレーションでこうもりがスタンドの傘についていました。(うーん、何とも言えない雰囲気です)

スポンサーリンク

ブッフェ台のお料理とスイーツ

サラダステーション

グリーンカール&サニーレタス、キャロット、オニオン&レッドオニオン、ブロッコリー、彩り大根、キュウリ、ローストポテト、ショートパスタ、春雨、ビーンズ、スイートコーン、クスクス、もち麦・玄米、クルトン、チップス、シリアルと種類豊富。ドレッシングの種類が多く、選ぶ楽しみもあります。

サラダバーの隣には「サラダステーション」があり、コールドストーンの上でスタッフがお客さんの好みのドレッシングで和えてもらえるサービスもありました。(我が家は、夫婦ともにドレッシングをかけないでサラダを食べるので利用しませんでした)

SANDWICH BAR

新東京ドック、パンプキンベジタブルバーガー、新東京大豆ミートバーガー、クラシックポークカツサンドイッチと美味しそうなサンドイッチが並びます。

写真の撮影ができませんでしたが、この他にもサンドイッチがあったほか、土日祝日限定ですがばらちらし寿司まで。

スイーツを楽しみたいと思っていたので、サンドイッチ類はあまり楽しめませんが、種類が多くて目移りします。

HOT DISH BAR

温かい食事メニューも充実。モチコチキン ハニーマスタードオレンジソース、フライドポテト、ブラックオムハヤシなど。

ハンバーグドリア、ぺぺたま(ガーリック&エッグのパスタ)もあり、主食類が多い印象。

CURRY&SOUP BAR

新東京カレーのほか、野菜がたっぷり入ったゴロゴロ野菜スープがあり、スイーツで口の中が甘くなり過ぎた時にぴったりのメニューも。

クッキングサービス

シェフにがサービスしてくださるメニューは2種類

■ ローストビーフBAR

■ 窯焼きニューヨークピッツァBAR

SWEETS BAR

今日の目的は、このスイーツバー。ニューオータニSATSUKI自慢のスイーツがビュッフェでいただける幸せの場所。

コロナ感染拡大防止のため、ケースの中に囲まれてスイーツが並び、スタッフさんが取り分けてくださる方式、スイーツの盛り付けがきれいになるので、有難い運営です。

スイーツビュッフェの開始のため、きれいに整列しています。

■ モンブラン3種(フランス・和栗・イタリア)

■ マロンショートケーキ

■ マロンミルフィーユ

■ スーパーメロンショートケーキ

■ ぶどうタルト

■ ガトーショコラ

■ 本日のケーキ(オペラ)

■ マカロン

■ マロンロール、カボチャロール

■ 新edoくず餅ゼリー、マロンパンナコッタ、メロンゼリー、グレープゼリー

この他、クッキングサービスで土・日・祝日は、「シャインマスカットのプティ・パフェ」があり、スタッフにお願いするとその場で作ってもらえるサービスがありました。

スポンサーリンク

いただいたもの

以下、いただいたものを紹介します。

サンドイッチとスイーツをいただいてきて、テーブルにセットされていた三段トレイにディスプレイしてみました。SNSでの投稿を狙ったサービスが多く、お客さんの多くが記念撮影をされていました。

サンドイッチ類です。東京ドックも大豆ミートバーガーも美味しく、スイーツが目的でなければもっと食べたいと思ってしまうお味、ローストチキンとキャロットラぺのサンドイッチも切り口の美しさだけではなく、さっぱしとした味わいがよく、ランチにぴったり。

もう一皿では、ポークカツサンドとハンバーグドリア、ばらちらし寿司とガッツリ食事メニューを。どなたにも好まれるポピュラーなお料理が多いように思います。

サンドイッチとともにサラダも。ドレッシングで和えてもらえるトスサービスがありましたが、我が家は薄味好みなので、そのまま。

夫はローストビーフもピザも好みのお料理なので、しっかり味見していました。

とても美味しかったのが、「ゴロゴロ野菜スープ」。名前の通り、たっぷりの野菜が入ったシンプルな味わいのスープ、スイーツやサンドイッチの途中でいただくととても休まるお味。サラダ、サンドイッチとこのスープだけで充分なランチになります。

2段目と最上段のスイーツのお皿は、栗を使ったスイーツとこれはと思うスイーツを盛り付けていただいきました。

モンブラン、ショートケーキ、ロールケーキ、ミルフィーユ、マカロンといずれも栗を使ったスイーツ、ここまで栗のスイーツが揃うと圧巻、栗好きにはたまらないビュッフェです。

この中で特に美味しかったのは、やはりモンブランのマロンクリーム。和栗、フランス栗、イタリア栗と食べ比べるとその違いがわかります。どれがよいかは、人それぞれと思いますが、夫婦にとっては、甲乙つけがたいお味、イタリア栗が一番栗の風味が感じられるもので美味しく、和栗はいつもながら安定的な美味しさ、フランス栗は少し甘みが強く感じられてしまって栗の風味が薄めだったのが残念でした。

左から、フランス栗、和栗、イタリア栗のモンブランです。

なお、このモンブランは、クッキータルトに生クリームを絞り、その上にマロンクリームを絞った簡易的なもの。マロンクリームを味わうという意味ではよかったのですが、モンブランを期待されている方にはちょっとがっかりするものかもしれません。

その他、マロンロールとマロンショートはいずれも美味しいもの、スポンジケーキが好きな妻はマロンロール、生クリームが好きな夫はマロンショートの方が好みでした。

少々想定外だったのが、マロンミルフィーユ。カスタードクリームの部分になめらかさがないのり状の硬さがあるもの、口どけがよろしくない上、パイ生地とカスタードクリームの他にスポンジケーキが入っていて、食感が気になりました。

マロンパンナコッタは、余り良い評判を聞かなかったのですが、我が家の好みに近いもの、栗の風味がしっかり効いたなめらかなパンナコッタで美味しいと思いました。

そして、スーパーメロンショートはくちどけが良く美味しいもので◎、オペラは、SATSUKIで販売されている「オペラレジェ―ル」とは別物で残念でした。

ぶどうのタルトは、タルト台の生地そのものは薄く柔らかいもの、ハード系ではありません。カスタードクリームもフルーツも少な目でフルーツを楽しむというよりもアーモンド生地を楽しむタイプのものでした。

クッキングサービスで、シャインマスカットのパフェを作っていただきました。マスカットもゼリーもソフトクリームもさすがの美味しさ、お代わりしたいと思ったのですが、オペレーションがスムースでなく、作るのに時間がかかりすぎ、最後には、「お席にお持ちします」と申し出られるほどで良いタイミングでいただくことができず、お代わりはしませんでした。

運ばれてきたパフェも作ってから運ばれるまで時間を要してしまったのか、ソフトクリームが柔らかめ・・・お客さんの少ない運営でこの状態でしたので、サービス方法を再考されたほうがよいのでは思いました。

誕生日のお祝いを兼ねていたので、予約の際にコメントを入れておいたところ、バースデープレートのサービスがありました。ビュッフェ台に出ていたスイーツと同じものにキャンドルを付けてサービスしてくださったものです。

最後に美味しかったスイーツをリピートして食事を終えました。お薦めは、モンブラン3種とスーパーメロンショート、マロンショートです。

スポンサーリンク

最後に

栗が好きな方にはうれしいテーマのスイーツビュッフェ、これだけの種類の栗のスイーツが楽しめる機会はあまりありません。クオリティが高いサンドイッチなどの食事系のメニューも充実、楽しいランチになりました。

ただ、ニューオータニで開催されている栗のフェアといっても、東京、幕張、大阪でな内容が異なっていることに今回気が付きました。お値段も違いますので、当たり前かもしれませんが、お目当てのスイーツがある場合は、フェアで提供されるスイーツが何かメニューで確認できるようになってから予約することがお薦め。せっかくのスイーツビュッフェですので、食べたいスイーツがあるかが重要、しっかりメニューを確認しておけばと良かったと少し反省しました。

幕張は東京に比べてお値段がお安く、雰囲気もカジュアルですので、お目当てのスイーツがあるならば幕張の方が気軽に利用できるという点でお薦め。お子さんも多く、気兼ねなく利用できます。

メニューを良く見ていたら、大阪のフェア「いもくりなんきん」もよさそう。12月には、一時的にいちごのフェアとも重ねて開催される時期があるとのこと、伺うチャンスがないのが残念ですが、来年の栗の時期にはまたどこかのフェアに伺えれば思っています。

関連ランキング:ラウンジ | 海浜幕張駅

コメント