2020年9月「ヒルトン沖縄瀬底リゾート」宿泊記(室内)~全室オーシャンビューでバルコニー付き

宿泊記

沖縄の滞在は3泊、今回はのんびり過ごすのが目的でしたので途中ホテルを変えず、3泊とも「ヒルトン沖縄瀬底リゾート」に宿泊しました。

「ヒルトン沖縄瀬底リゾート」は2020年7月にオープンしたホテル、那覇から車で行ける離島「瀬底島」にあります。「瀬底島」は透明度の高い天然ビーチがあることで有名な島、沖縄本島とは橋でつながっているので、車で気軽に出かけられます。

近くには、「沖縄美ら海水族館」や重要文化財の「今帰仁城址」などが魅力的な観光スポットがたくさんあり、ビーチリゾートも観光も楽しめる・・・とても楽しい滞在になりました。

2020年は海外旅行に行けず、ヒルトンオナーズのポイントが40万ポイント以上溜まっていたので、ヒルトン系のホテルに宿泊しようと、ホテルを探すしてみると、予約ができるのは、ヒルトン沖縄瀬底リゾートかヒルトン北谷のいずれかのみ、お手頃価格の北谷にあるダブルツリーは、米軍が異動者の隔離施設として全館借り上げていて予約ができない状況でした。

宿泊に必要なポイントとホテルの魅力を比較して・・・オープンしたばかりで設備が新しく、周囲の観光スポットも面白そうな「ヒルトン沖縄瀬底リゾート」に宿泊することにしました。1泊59,000ポイント、3泊で117,000ポイントでした。

那覇空港からレンタカーを借りてドライブ、1時間半ほどの距離です。

開業したばかりからか、玄関車寄せ周りのヤシの木はまだ準備中の状態でした。

スポンサーリンク

玄関、ロビー

玄関にはシーサーが置かれ、沖縄らしい雰囲気です。

ロビーに入ると、窓の外の海が目に入りました。海に向かって大きな窓が取られているので、とても明るく、広々としています。

ロビーにはゆったりとくつろげるソファーが置かれています。

海側のデッキにもソファが置かれ、オープンエアも気持ちよさそう。

チェックイン手続きをしていると、ウエルカムドリンクが供されました。シークワ―サーのさっぱりとした甘いジュースでのどを潤しながらしばしリフレッシュ。キーを受け取って部屋に向かいました。

スポンサーリンク

客室内

アサインされた部屋に行ってみると、ドアには「Clean Stay」のシールが貼られていました。ハウスキーパーによる清掃の後、だれも入室していないことを示すためのシールです。

清掃の時に消毒していただいているので、シールがあると安心できます。

アサインされたのは上層階の「デラックスルーム(オーシャンビュー)」でした。予約は最安値の「ゲストルーム(オーシャンビュー)」でしたので、1カテゴリーのアップグレードです。

エグゼクティブフロアやスイートへのアップグレードも可能でしたが、差額料金がかかるとのこと、ヒルトンオナーズゴールドのアップグレード特典でアップグレードされるのは1カテゴリー上までとのことでした。

差額料金を支払ってもエグゼクティブフロアにしようかと思いましたが、コロナ禍で宿泊者が非常に少ない時期でエグゼクティブラウンジは限定営業中、ラウンジでは朝食サービスが中止され、レストランを利用してもらう運用と伺い、エグゼクティブラウンジを利用するメリットが感じられなかったので、アサインされた1カテゴリーアップのままにしました。

キングサイズベッドの部屋にしていただいたので、空間が広く見えます。ベットの奥に見えるガラスは、バスルームの窓。バスルームで湯船につかりながら、海を眺めることができる趣向です。

こちらのホテルは全室オーシャンビュー、ホテルと海の間にさえぎるものがないので、どの部屋からも真っ青な海が眺められます。バルコニーもついていて、椅子とテーブルがあるので、海を眺めながらコーヒーなどを楽しむこともできます。

スポンサーリンク

クローゼット

クローゼットには、アイロンとアイロン台、スリッパが用意されていました。引き出しが大きく深いので、着替えなどをきれいに収納できて便利な構造。

引き出しには室内金庫があり、貴重品の保管も心配ありません。

その他、かりゆしの浴衣もあり、お風呂上りに利用させてもらいました。

スポンサーリンク

ウエットバー

ウエットバーにはコーヒーメーカーとミネラルウォーターの用意があります。ゴールドメンバー向けのアメニティの用意はありませんでした。(泣)

引き出しには紅茶、日本茶のセットやカップ、カトラリーも。

グラスは3種類・・・お酒が飲めない夫婦なので、ここまでグラスを使うニーズはありませんでした。

そして、空の冷蔵庫もあります。この状態ならば、飲み物などを購入してきて冷やすことができます。

スポンサーリンク

バスルーム

深いバスタブがあるので、ゆったり浸かれます。シャワーはバスタブの外側なので、シャワーを浴びて、湯船でゆったりと過ごすこともできます。

洗面台は1ボールでコンパクト。必要なアメニティ類は揃っていて、使いやすい。アメニティのブランドは「クラブツリー&イヴェリン」ヒルトンでお馴染みのブランドです。

お手洗いもバスルームとは別。これも使いやすくてよかった・・・

スポンサーリンク

バルコニーからの眺め

荷物を広げひと段落してから、バルコニーに出てみました。バルコニーに出て左手に見えるのが瀬底ビーチ。真っ白な砂と青く透き通る海が遠くからもよく見えます。

海は噂通り透明度が高く、とてもきれい。

建物の下に目をやると、ホテルプールがきれいに見えます。利用している人が少なくいつも静かでした。

翌日の朝、朝食後、コーヒーをテイクアウトして、バルコニーでしばし汐風にあたりながらコーヒーを楽しみました。

オーシャンビュー、バルコニー付きというのはとても気持ちがよいもの。新しく快適な部屋で心地よい滞在になりました。

コメント