【2020年2月利用】ユナイテッド航空ホノルル国際空港ユナイテッドクラブ~ハワイらしさが変らない貴重なラウンジ

機内食・サービス

ユナイテッド航空のラウンジ「ユナイテッドクラブ」はユナイテッド航空が就航する全米各地の空港にあります。ホノルル国際空港大きくありませんが、ユナイテッド航空は専用ターミナル(ターミナルD)があり、ターミナルの近くには、「ユナイテッドクラブ」があります。

スポンサーリンク

ラウンジの場所

ターミナル2のGゲートエリア、G3ゲート付近3階にあります。チェックイン後保安検査場から10分くらいかかります。

空港内には、他社ラウンジも多数。JAL,ANA,Delta,Hawaiianそして、フォーシーズンズリゾートラナイのラウンジも。フォーシーズンズのラウンジは入口からして雰囲気が全く異なるもの、フォーシーズンズ リゾート ラナイが宿泊客専用として設置したものらしい・・・一度は行ってみたいと思う雰囲気でした。

スポンサーリンク

シーティングエリア

写真撮影をしたかったのですが、ラウンジ内はお客さんが多く座る席を見つけるのも苦労するくらいの混雑状況、残念ながら、写真はありません。

参考までに2011年11月、2015年9月利用時のラウンジの写真を掲載しますが、什器類は変わらず、藤の椅子などヤシの葉を模したガラスがあり、他のユナイテッドクラブが統一的な雰囲気に改装されていく中、ハワイだけは昔のまま残っていました。

(参考)2011年11月利用時の様子

(参考)2011年11月利用時の様子

(参考)2015年9月利用時の様子

10年前の時点で相当古き良き時代を感じさせる昔ながらの雰囲気のラウンジでしたが、ここだけが変わらないというのもよいかなと思いました。

スポンサーリンク

ビュッフェコーナー

お料理の様子は、以前の利用時とは一変、以前はスナック、お菓子系が中心でしたが、食事に近いお料理が並ぶようになり充実していました。

サラダバー

グリーンリーフにエッグサラダ、マカロニサラダとサンドイッチにして楽しめそうなものを見つけました。

サラダのトッピングはチーズ、ベーコンビッツになぜか、ネギ。

スナック

スナックはクラッカーにチーズと定番のものの他、

コーンチップにマンゴサルサソースとハワイらしさを忘れません。

そして、ハワイと言えば、パイナップルです。

その他、わさび豆やドライフルーツ、プリッツエルのチョコレートがけ、クッキーなど。わさび豆があるのが面白く、日本食も根付いているのだと思います。

パン、スイーツ、デザート

パンは、ホワイトとライ麦のトーストパンのほか、

甘めのちぎりパン。そしてスイーツ系でマフィン、

ココナッツケーキ、

マドレーヌがありました。

スポンサーリンク

ドリンクコーナー

ドリンクは、バーコーナーで冷たいものをいただけるほか、ドリンクコーナーでは温かい飲み物をセルフサービスで作っていただけます。

最初に目についたのはカップヌードル。

他航空会社のラウンジではカップ麺が置かれていることがありますが、ユナイテッド航空のラウンジではもともとハワイなどごく少数でしか置かれておらず、今でも残っているのはハワイくらいでしょうか。

海外にいる期間が長いと恋しくなるのですが、ラウンジに置かれているカップ麺は海外生産品なので日本で販売されているものとはスープの味の種類が異なり、食べたい味とは違ったりするのですよね。

温かい飲み物は、コーヒー、紅茶類。紅茶はLiptonブランドのほか、TAZOブランドのティーバック。

ミルクは、2%とスキムミルクと揃っているので、お好みに合わせて。

コーヒーは、illyブランド豆で淹れるマシンがあり、自由にいただけるようになっていました。

スポンサーリンク

その他

かわいらしいと思ったのは、このピクトグラム。アロハとムームーを着ていました。


 

変っていないようで変化もありましたが、ハワイらしい特徴的なラウンジであることに変わりはなく、南の島で過ごした余韻を楽しむにはよいラウンジと思います。ここまで食事が充実しているとは思わず、うれしい誤算。

ただ、ランチがパンダエクスプレスでそれなりのボリュームがあったので、スナック類が入る余地はなく、見るだけでした。今回は、カフェラテとミルクティをいただきながら、搭乗時間になるのを待ちました。食事のお味見は次回までお預けです。

コメント