【2020年1月利用】ユナイテッド航空シカゴオヘア国際空港ポラリスラウンジ(ダイニングルーム)~ポラリスラウンジ名物シグニチャーバーガ「United Polaris Burger」を

機内食・サービス

フィラデルフィアまでのフライトはシカゴ経由、日本からシカゴまでのフライトはビジネスクラスにアップグレードされていたため、国内線に乗り継ぐシカゴでは「ポラリスラウンジ」が利用できました。

シカゴに到着したのは夕方16時前、この後、フィラデルフィア行きのフライトに乗り継ぎますが、フィラデルフィアの到着予定時間は21時半ととても遅くなる予定。「ポラリスラウンジ」が利用できるならと、ラウンジ内にあるフルサービスのレストラン「THE DINING ROOM」を利用しました。

「ポラリスラウンジ」内部やセルフサービスのビュッフェ台の様子は、別記事で紹介しています。

ダイニングルームの入口にメニューが出ていました。利用した時間帯はディナータイム。前菜、メイン、デザートなどからお料理を選ぶことにしました。

メニューを見ていると、スタッフに席を案内されました。

フルサービスのダイニング・・・スターアライアンス系航空会社では、ルフトハンザ航空や全日空のラウンジにはあったもののユナイテッド航空にはなかったサービス。これまでサンフランシスコほかのポラリスラウンジで利用しましたが、ユナイテッド航空らしからぬサービスの良さで驚き、シカゴでもと思いました。

少人数のお客さんが多いのか、2人席のテーブルが中心です。

私たち夫婦も2人掛けのテーブルに案内され、向かい合わせに座りました。テーブルの上にはランチョンマットとナプキンが用意されていて・・・期待が高まります。

メニューは、オープンから11時までの朝食メニューと11時以降の昼食・夕食メニューの2種類。夕方の時間帯でしたので、写真右側の昼食・夕食メニューから選びます。

夕食代わりといっても、先ほど日本からシカゴのフライトで2回機内食をいただいた後の状況、もりもりいただける状態ではなかったので、夫婦それぞれ、1品づつオーダーしました。

■ Seared Shrimp Salad

焼き海老のサラダという名前からは想像できなかったお料理です。中央のお料理がグリーンサラダ、そしてビーズなどのスライスの上に海老が乗っているというもの、ひとつひとつは美味しいのですが、なぜこの組み合わせなのか、どうして缶詰のみかんが添えられているのかわかりませんでした。

■ United Polaris Burger

ポラリスラウンジ名物のハンバーガーです。添えられているのは揚げたてのポテト、とても美味しそうな香りがします。

どうやって食べるのだろうと思う高さのあるバーガー、中身は、パテのほか、レタス、トマト、チーズ、ベーコン、目玉焼きという豪華なグルメバーガーです。

食べにくいほどの具沢山のバーガーですが、さすがアメリカと思うもの、特にパテとベーコンが美味しく、バーガー好きの夫は大喜びでした。

ここまでいただいたところで、思ったほどのボリュームではなかったので、デザートを1品オーダーしてわけていただきました。

■ Citrus mousse triflette

ライムとレモンの風味が効いたムースです。柑橘系が好きな夫には美味しかったようですが、妻には酸味があって今ひとつ。ムースのようななめらかなクリームは少しいただくだけで充分でした。

食後にはコーヒーをいただき、しばし休憩です。

夕方からラウンジは混み始めると聞いていましたが、この日のダイニングが満席になることはありませんでした。

ブッフェ台からお料理をいただくのもよいですが、座ったままお料理をいただくのもよいもの。ユナイテッド航空らしからぬ盛り付けとメニューを楽しませてもらいました。

 

コメント