2020年1月ユナイテッド航空シカゴ-成田(ORD-NRT)プレミアムプラス【搭乗記】機内食②~「ターキーサンド」の中間食と「オムレツ」のランチ

機内食・サービス

2020年1月のフィラデルフィア旅行最後のフライトはシカゴから成田、13時間ほどの長時間フライトです。

DateDescriptionPQFPQPMiles
12020/1/11United 0882 NRT – ORD18959,845
2020/1/11United 0626 ORD – PHL1971,067
2020/1/12United 2805 PHL – ORD122242
2020/1/12United 0881 ORD – NRT ←今回の記事12012,211

機内食のサービスは2回、今日のブログでは、フライト途中でサービスされたスナックと到着前の食事を紹介します。

スポンサーリンク

フライト途中のスナック

フライトの中間地点を過ぎたあたりで、スナックが配られました。

配られたのは、ユナイテッド航空のロゴが入ったビニール袋。「ターキーサンドイッチ」のシールが貼ってありました。

ベジタリアン用には、野菜のサンドイッチが用意されていましたが、先ほど機内食が少な目だったので、思わず、「肉」をチョイス。

袋の中身は、サンドイッチとM&M、ナプキンの3点。好みの飲み物も一緒にもらいました。

今度はミルクティです。袋入りのサンドイッチは、バゲットの中にターキーハムとチーズが入ったもの、想像よりも小さいサイズで・・・ユナイテッド航空の機内食もずいぶんヘルシーになってきていると思いました。

スポンサーリンク

到着前の機内食(ランチ)

到着の1時間半前には2回目の機内食サービスです。2回目の機内食も選択肢があったはずですが、眠気と疲れから頭が冴えておらず、お薦めの「スパニッシュオムレツ」をそのままいただきました。

メインとフルーツの組み合わせ、ずいぶんシンプルです。

オムレツは、ソーセージとベークドポテトが添えられています。うまく温められていたのか、熱々。いつもよりも美味しく感じました。

フルーツはパイナップルとぶどう。フレッシュなフルーツがたっぷり添えられているのはうれしい限り。到着前の機内食の方が全体に充実していたように思いました。

 

プレミアムプラスの座席にお陰か、普段に比べると疲れは少なかったように思います。休暇が取れずやむを得ず単純往復となってしまった旅行でしたが、シカゴではポラリスラウンジを利用でき、プレミアムプラスも体験できたりと新しいサービスを楽しめる充実した旅行になりました。

コメント

  1. John より:

    プレミアムプラスは見たことがないのでとても興味深く拝見しました。
    確かにお値段を考えると微妙かも。でも購入する方はいるのでしょうね。
    以前はNHの国際線は出発24時間前を切ると、SFC以上は無料で
    プレミアムエコノミー席が取れました。確か2-3-2アブレストだったような。

    今は777が退役したためにJLもNHも国内線に国際線機材が入って面白い事に
    なっていますね。クラスJ+1000円またはugポイントでC席ですから
    束の間の海外旅行気分。しばらく続けてほしいと思っています。

    • プリンセスマイラープリンセスマイラー より:

      お値段を考えると微妙で、フルフラットになるかどうかで快適さが大きく変わるように思います。NHのプレミアムエコノミーと同じ印象でした。それでもSFC以上の方が席指定ができるのを羨ましく思っていました。

      国内線修行をしようと多数予約をいれていましたが、緊急事態宣言ですべて別日程に延期し、当面フライトの予定がありません。国際線機材、乗ってみたいです。