焼き立てナンとチャイも楽しめるインド料理とタイ料理のランチブッフェ~アジアンパーム(神楽坂)

ランチ

久しぶりにアジアンビュッフェの気分と、休日の買い物で神楽坂に出かけた折、ランチで「アジアンパーム」に行ってきました。

ランチタイムは、1,200円でインド料理とタイ料理のビュッフェが楽しめます。デザートやドリンクもあるので、夫婦ともにお気に入りのお店のひとつ。

コロナ禍、一時お休みしていた時期もありますが、今はランチビュッフェの営業中。コロナ感染拡大防止対策も取られています。

店頭のインテリアはタイ風。蓮の花の水盆を見ると、バンコクに行きたくなってしまいます。

ランチタイムは相応の行列ができますが、タイミングよく10分も待たずに席に案内されました。テーブルにはコロナ感染防止のためのルールが書かれた紙と手袋が置かれています。

手の消毒、手袋付けてトングに触れるなど、基本的なルールが整っているので、安心して利用できます。

ビュッフェのお料理は日替わり、

主食
焼きたてナン、チャーハン、焼きそば
お料理
炒め物(蟹のカレー炒め、五目炒め)、煮物(麻婆豆腐)、サラダ(ヤムウンセン風)
フライドポテト、タンドールチキン
カレー
タイカレー(グリンピースチキン)、インドカレー(チキン、豆)
スープ
フォー(フィッシュボールスープ+ビーフンフォーフォー

デザート
トロピカルフルーツ入りココナッツミルク

というラインナップ、毎日変わりますが、お料理の数はいつも同じです。

お料理は基本、ビュッフェ台からいただきますが、ナンだけは、焼き立てがテーブルに運ばれてきます。チャーハン、焼きそばやカレーをライスで食べる場合には、ナンを断ることもできます。後から欲しくなった時にオーダーすればいつでもナンが楽しめますので、最初は不要としておくのがお勧め。ブッフェ台のお料理の様子を見てから決めても遅くありません。

フォーは、自分で具材を選んで仕立てる方式、もやし、ふくろ茸、魚団子などのトッピングがあり、組み合わせ自由、スープは、チキン醤油ベースのものでした。

デザートは1種類ですが、お料理が充実しているので1種類でも満足です。

ドリンクメニューは、アイスティーチャイ、アイスコーヒー、ホットコーヒー、ホットチャイ とあり、ホットチャイがお代わり自由というのがうれしい点。これだけで充分満足できます。

ガムシロップやシナモンなどもあり、美味しくいただけます。

以下いただいたお料理を紹介します。

夫は、サラダ、チャーハン、焼きそば、炒め物と一通りいただいた様子、味見を決め込んだようです。

妻は蟹のカレー炒めを中心にご飯で。カレー炒めの味付けはよく、蟹の風味満点でご飯と混ぜていただくととても美味しかったのですが、玉ねぎが生過ぎたのがいまひとつ。途中、玉ねぎの辛みで胃が痛くなってしまいました。

もう少し炒めて火が通っていればとても美味しかったと思います。

グリンピースとチキンのグリーンカレーはココナッツの効いたタイカレー。タイ米がありますので、ご飯と一緒にいただくのがお勧め。タンドリーチキンも五目野菜炒めも美味しく・・・

思わずお代わりしてしまいました。

インドカレーは2種類。チキンと豆ともにスパイスは抑えめのマイルドなお味、チキンはバタークリームが効いていてコクがあるもの。豆はさっぱり系でした。

夫はビーフン抜きでスープを。フィッシュボールとふくろ茸、もやしと入れると、ベトナム、タイやシンガポールに行きたくなるお味です。

最後はホットチャイ。牛乳でしっかり抽出されたチャイはスパイシー。甘くしてもそのままでも美味しく、お代わりして楽しませてもらいました。

最後はココナッツミルクをいただき食事を終えました。

いわゆるアジア系のビュッフェに比べると落ち着き感があり、お料理のクオリティも高め、1,200円はアジア系ビュッフェではお高めですが、お値段とクオリティのバランスが取れていると思います。お客さんの大半がリピーターですので、はまるお客さんは繰り返し来店されているのだと思います。

インスタに写真をアップすると割引があるなど、SNSにも力を入れており、お客さんは若い方が多いように思います。割引適用を受けると、1,000円程度になるので、IDを持っている方は投稿が◎。店内ではグループでアップして盛り上がるお客さんがいるなど、適度な賑わいもあってよい雰囲気でした。

タイ料理もインド料理もの気分の時はお薦めです。

コメント